Top | RSS | Admin

スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






屋根 瓦葺き替え | つくる思い
皆さん、知ってましたか、流し台やお風呂のように

屋根瓦も永久ではない、ってこと!

昔の焼き瓦は、素焼きって言って艶がなく、かけると白っぽい層がある物

今使われている、上薬を塗ったタイプは、艶がある物

販売されたころは

永久的と言われてました、しかし、酸性雨などの被害も手伝って

劣化が著しく進んでいく物も少なくありません。
にほんブログ村 住まいブログへ

IMG_3606瓦

気がつかないうちに、こんなことになってる場合もあります。

家の劣化被害を止めるには、

①瓦の差し替え、部分的に悪い所だけ新しい、瓦と入れ替える

メリットは、お値打ち、

デメリットは 数が多いと割高、長期間で考えると、またいつ雨漏れがと不安

②屋根の仕上げ材を替えるパターン

メリット 耐震性にいい(家を軽くするという点で)

デメリット 見た目、音、熱の伝わり
(断熱材などでカバーできますが瓦とやはり違いがあります)

③やはり葺き替え

メリット 違和感無い

デメリット 和瓦だと結構値段がする(同じ㎡で板金と比べると30万以上金額に差が出る)

④そこで洋瓦 おっと時間がなくなりました

このつづきはまた後日
スポンサーサイト

テーマ=☆☆岐阜県☆☆ - ジャンル=地域情報

【2008/12/18 23:08】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






架橋ポリ配管材 | つくる思い
この間の続き、住宅改修工事をしている時

お風呂、トイレ、流し台など場所に応じた部材

工法がさまざまですが、建築業者さんの数だけ

仕上げ方がちがうんだなと、よく感じます

私、自身、現場の状況を見て、状態を確認しないと

気がすまない性質なので、必ず解体の時は

にほんブログ村 住まいブログへ

必ず立ち会って以前の大工さんの仕上げ具合とか

配管の状態を見たりします

基準はなんとなくですが、やはり解体するのに

壁、天井など、下地の材木とベニアなど仕上げ材が

簡単に分かれてめくれたり、柱と胴縁材など

抜けにくくないかなどで、判断したりします。

一つの例を挙げると、プラスターなど仕上げ材は、

ビス、タッカー釘などで下地材と止めてありますが、

大工さんによっては、+木工用ボンドを塗っておきます

このひと手間が解体の時に壊れにくいのです。

(壊れにくい=丈夫に施工してある)

その考え方同様、丈夫に長く使えるよう、考えて見ておきます。

その例お風呂の改装で給水管の状態確認で管の錆具合の確認

IMG_管

外部のバルブ付近の錆がひどく交換前

IMG_1管
交換後↓
IMG_12管
架橋ポリ管なので錆びることなく接続箇所が少ない分

漏れの心配が格段に減ります。

余分かもしれませんが、

どうせ交換するなら長持ちする物をと

考えるのが、修繕工事を減らす工夫ですね。



テーマ=++岐阜県リフォーム工事日記++ - ジャンル=地域情報

【2008/11/27 23:10】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






黒板 | つくる思い
子供の落書きボードを奥さんに提案され

やっと作ったのがこちら
IMG_黒板
玄関脇に取り付けました。

できれば、雨の当たらない場所のほうが長持ちすると、思いながらも

チョークの粉が家の中で落ちることを思うと....

何年もつか分かりませんが、子供にとって、いい思い出になればと

ちなみに、この日は、友達とアンパンマンなど思い思いに書いていました。

材料代は1万円ぐらいですが黒板用の塗料スプレーが半分以上を占めています。

スプレー缶での黒板塗は楽でしたが、仕上がりが ざらざらしてチョークが消しにくいです。

できればペンキで塗るタイプのもので、仕上げたほうが扱いやすそうに感じました。

【2008/11/12 23:18】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






収まり | つくる思い
同じ条件の家が2つと無いように

仕上げ方も、気をつける部分もさまざま

御見積のお話しで、修繕工事なのか

改善工事が付け加えれるかでお客様のメリットは大きく変わると考えています。

工事前↓
IMG_2297w.jpg


ベランダを支えている鉄骨がさびがひどくなっているため

早めの塗装をして ガレージのビニールトタンを張替したいと...

よく見るとベランダの屋根排水の縦樋が鉄骨途中で終わっていることに気が付きました

鉄骨の錆が早まる原因に樋からの跳ね水が一つの要因だと分かり

今ある状態から樋の排水方向を替えるだけで

今よりも少しでも長持ちする形に出来ました。↓
IMG_2518.jpg

見にくいですが、ベランダ樋を母屋の樋に合流する形で改善でき

見た目もすっきり。

小さなことが大きく家にはひびきます。

小さいエコ見つけましょう。

テーマ=☆☆岐阜県☆☆ - ジャンル=地域情報

【2008/08/26 23:01】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。